俄罗斯世界杯投注官网

发表时间:2018-07-13内容来源:VOA英语学习网

清朝は紀元1644年から始まり、1911年まで継続いした。ヌルハチが帝位につく年から数えれば、最後の皇帝であるの溥儀までは、全部で12人の皇帝がいたが、。山海関を越えたの内側に入る年から数えれば、全部で10代・の皇帝を経て、268年間になるの政権だった。

清朝ので、最大の版図が一番大きい時は1200万平方キロ余りに達していた。1616年、ヌルハチが後金を作り、1636年、ホンタイジ皇太極はが国号を「清」と改めたる。1644年、李自成の率いた農民軍がは明王朝の統治を覆し、明の崇禎皇帝はが自害した。清の軍隊は機に乗じて、山海関に入り、農民軍を打ち負かして、都を北京に定めた。清王朝は各地の農民蜂起と南部に残存していた明の抵抗勢力を次々に相次いで鎮圧していき、徐々に全国を統一した。

清は階級の矛盾を緩和するため、開墾奨励・、租税減免の政策を講じたので、内地と辺境地区の社会と経済はどこいずれも一定の進展を遂げた。18世紀半ばになると、封建経済がは新たなピークを迎え、歴史上、「康雍乾盛世」と呼ばれる繁栄の時代を迎えていた。中央集権の専制制度はさらに強化され、国力が強くなり、秩序も安定し、清代の人口は18世紀後半になると、3億人に達したと見られている。

1861年、日本生まれの鄭成功は軍艦を率いて、台湾海峡を横断し、台湾を38年にわたって間不法占拠していたオランダ人入植者を打ち破っ追い出した。翌年の年頭、オランダ人入植者は投降し、台湾は祖国に返還された。

16世紀後半、帝政ロシアは東へとの拡張政策を続けていた。清の軍隊はが山海関の内側に入った時、帝政ロシアは機に乗じて、ヤクサ(雅克薩)やとネルチンスク(尼布楚)などの地を占領した。清政府は再三にわたり、帝政ロシアの侵略者に中国の領土から撤退するよう求めた。1685年とその翌年、康煕帝は二2回にわたり、清軍にヤクサ駐屯の帝政ロシアの軍隊を攻める命令を清軍に下し、ロシア軍は中ロ露の東部区間の境界線問題を協議により解決することに同意せざるをえなくなった。1689年、双方の代表はネルチンスクで交渉を行い、中露ロ初の境界区画協定である『ネルチンスク条約』が結ばれた。

その後、乾隆皇帝はジュンガル(準葛爾)部族のジュンルタン(葛爾丹)勢力および回部族の大和卓と、小和卓の反乱を相次いで平定し、新疆を統一して、辺境地区の経済・、文化と交通を発展させする一連の政策を講じた。

清朝・は道光帝前までに、の大きな文化的成果として、王夫之、・黄宗羲、・顧炎武・および戴震などのような優れた思想家や、曹雪芹、・呉敬梓、・孔尚任及び・石涛などの著名な文学者・、芸術家が現れたことがあげられる。このほか、歴史学では考証学派の名家が輩出し、『四庫全書』、・『古今図書集成』などの政府が編纂した側主催による大型叢書が現れた。また、科学技術分野でも建築を始め、数多くの成果が収められた。

清朝は経済的には面で、依然として農業を立国の元としているた。文化思想面では、封建的な綱常礼教を提唱し、「文字の獄」を度々起こした。、外交的には上、長期にわたり鎖国し、盲目的に自らを尊大なものにしになっていった。

清朝のは半ば以降から各種の、社会的矛盾が日増しに明るみに出て、清に反対する闘争いが相次ぎ、中でも、白蓮教徒の乱は清朝の全盛時代に終止符を打つものであった。

1840年、のアヘン戦争とが勃発し、その後のれ以降、帝国主義的侵略によりが中国に侵入してきた。、清朝政府は侵略者と一連の不平等条約を締結させられ、土地の割譲、・賠償金の弁済、・通商港の開放などで、中国は徐々に半封建半植民地社会に陥っていった。清代は後期になると、衰弱期に入り、政治が腐敗して、思想が硬直化し、軟弱卑怯の上に、自信を喪失するようになっていた。人々民の生活は苦難に満ち、太平天国、・捻軍蜂起など一連の反帝反封建運動が起こった。統治者階級の内部では、自分自身の運延命を救うのために、洋務運動、・戊戌変法などのようなに改革の動きも一部見られた。しかし、これらの上から下へ貫くの改革により、中国を豊かで富強いで、独立した国に変えようとする運動はいずれも失敗に終わった。数多くの仁愛のある正義感にあふれるの人々は民族を滅亡の危機から救い出すため、血を浴びて奮戦し、先人の屍を乗り越えて戦ってきた。愛国主義の波は中国近代史で初めて激しい勢いで湧き上がり、空前の高まりを見せた。1911年、辛亥革命が起き、清朝の統治が覆され、中国で2000年余り続いた中国の封建主義帝政制もこれにより終わり、中国の歴史は新たな時期に入った。

来自:VOA英语网 文章地址: http://www.discjockeydirectory.com/html/20180713/573398.html